記事一覧

ストップロスは設定するべきか、それとも設定しないべきか?

シートベルト

こんにちは。今回はストップロスについて自分なりの考えを述べていきます。参考になる点があれば是非参考にしてください。

まず、ストップロスとは一体なんのためにあるのでしょうか?

一般的に「資金を守るため」と言われています。「資金を守る」ってどういうことか?

相場が自分がエントリーした方向と逆に動いた場合、もちろん損失が出るわけですがその損失額に制限をつけることです。

でも、このストップロスに関しては、「スロップロスの設定はしていない」というトレーダもいます。
私たちのような一般トレーダではなく、金融機関のプロのトレーダにもいるようです。

「ストップロスを設定しないと、相場が逆に動いた時に大きな損失が出てしまうのでは?」という質問に対して、

「ストップロスを設定したために、ストップにかかってその後に相場がエントリー方向に動いたことが何回あるか? それを考えると、ストップは設定しない方が良い」

という考えのようです。

確かに、自分のストップレベルで相場がぴったりと止まり、まさに自分のストップロスの水平線がサポート、もしくはレジスタンスになり、その後はエントリー方向に相場が動いた。大きく取れたはずなのに、自分は損切りになってしまった。という経験が何回あるか・・・。

じゃ、ストップは設定しない方がいいのか? というとそうでもありません。やっぱりストップロスは大切です。

こう言ったトレーダらは、ストップロスを設定しなくてもいい状況ストップロスを設定した方がいい状況に分けているようです。

ストップロスを設定しなくてもいい状況

常に相場の動きが監視できる時。トレードをする時間帯は常にモニターの前に座っていて、絶対席を外さない場合。

ここでの重要な点は、相場が逆行した時には手動で即損切りをします。ここで大切なのはどういう時に損切りしなければいけないのかをしっかり把握している必要があります。損切りする場面になったら迷わず即損切り。もしかしたら、相場がまた戻るかも・・・・なんていう願いを持ってはいけません。

ストップロスを設定しなければいけない状況

エントリー後、席を外さなければいけなくなり、相場の監視ができない時。

ここで大切な点は、相場がどのくらい逆行するは誰にもわかりません。ストップにかかった後にエントリ方向に相場が動くことを避けるために、ストップロスの位置は「ストップにかかる可能性が非常に小さい」位置です。もし、ストップにかかったのであれば、それは予期せぬ出来事が起こり、相場が勢いよく逆行したためであり、その場合に全資金がなくならないようにするためです。

こう言ったトレーダらは、相場が監視できないような時はトレードしないようです。

トレードは何が正しいのか?ということはありません。ストップロスも自分で損失が管理できるのであれば、入れなくともいいということです。ポジションを長く保有したり、相場の動きをまめに監視できない場合は、ストップを入れたが方がいいでしょうね。

個人的に、私はエントリーしたらストップを入れています。なぜなら、相場の監視ができないからです。以前、指標トレード専門にやっていた時は、ストップは入れていませんでした。

参考になる部分があれば幸いです。

ではまた。












関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポジぷー

Author:ポジぷー
もう若くない年齢になってしまった💦 老後のためにトレードで資産を少しづつ増やしたいと思ってトレードをスタート。トレード記録+「これは役に立てそうだ」と見つけたことなどシェアできればいいなーと思っています。どうぞ宜しく😍

Twitter

日頃のトレードはツイッターで呟いています(๑>◡<๑)

ブログランキン参加

ポチしてくれたら超ハッピー!(๑>◡<๑)

最新コメント